登山に向けて準備はバッチリです!

友人と約束した登山に向けての30日間ダイエットを終了した後も、運動量は若干減らしたものの、相変わらずダイエットをいしきした生活を続けました。来週はとうとう待ちに待った栃木県は那須岳を登ってきます。

30日間ダイエット期間後は、毎日のジョギングを5kmに抑えました。それまでは倍の10kmでした。距離を短くして、スピードをあげることに集中しました。休日には森林公園でまたハイキングもしにいったりもしました。辛い運動ばかりではストレスなので、良い息抜きにもなりました。

筋トレは上半身を懸垂で鍛え、タンベルを用いて足腰を鍛えるメニューを組みました。現在のところ、懸垂は15回連続でできるようになりました。片手懸垂はまだできません。まだまだですね。

食事の制限は、比較的緩やかにしました。朝は相変わらず味噌汁がメインですが、おにぎりを一個加えるようになりました。、お昼は職場で注文しているお弁当と変わらず。夕食では以前ほど低カロリーを気にすることはなくなりました。それでも相変わらずささみ肉をよく食べていますが(笑)。

体重の変化は?

30日間のダイエット期間に3kgの減量に成功し、それから2週間ちょっとで体重は更に約1kg減りました。このままの生活を維持すれば、まずリバウンドの心配は無いと思います。

ダイエットをはじめて合計約4kgの減量に成功したわけですが、僕としてはもうちょっと痩せたい気持ちがあります。BMI数値的には肥満の域は脱したのですが、外観的にはまだたるんだお腹などが気になります。すっかり痩せることに嵌ってしまったようで、体のラインも気になりだしたのです。

でも、痩せたい気持ちをどこまで持ち続けていくべきか、またこれも考えものと思います。ダイエット中に無理が生じて頭がフラフラしてしまうことがありましたし、極端に食に対する罪悪感も感じてしまうこともありました。これらを強く持ちすぎると、拒食症などにもなりかねません。

僕にとっては、どれくらいの体重でどれくらいの食生活と運動量が健康的なのか、これからのダイエット生活はこの辺を探ることに重点を置いていこうかと思います。とにかくどんどん体重を落とすって痩せ方は、良くないと分かりましたら。