筋トレ法を探しましょう

予定していた30日間のダイエットも、気が付けば早半分が過ぎてしまいました。ウォーキングからはじめてジョギングにステップあっぷし、ハイキングや登山で小山にも登ってきましたが、今まで中心だったのは有酸素運動系のダイエットでした。これからは無酸素運動も取り入れて筋力を鍛えていこうと思います。

このまま有酸素運動中心でも良いと思っていたのですが、その考えを一度改めさせられたのは先日の小山を登った時のことでした。思っていた以上に足腰に筋肉疲労を感じてしまい、筋力不足を感じたのです。登山となると、岩場をよじ登ったりする場面や、また降りる際には体を支えるために力まなくてはいけない場面もあります。それには筋力も不可欠と思ったのです。

初めての本格登山で友人に連れて行ってもらう場所は比較的荒れ場の少ない初心者向きの場所とのことですが、いずれは険しい山にも登ることでしょう。であれば、今のうちから筋力アップをして準備するに越したことはありません。筋力アップは脂肪燃焼率を高めるために有効とも言われていますから、ダイエットにも悪くはありません。

銀座カラーキャンペーン

知人からダンベルをもらいました

無酸素運動といえば代表的なのはダンベルトレーニングです。丁度知人がダンベルを持て余しているというので、それをいただきました。片手用ダンベルを1セット。重さは2kgから15kgまで調整可能です。「バーベルもいる?」と言われましたが、ちょっともらっても使う場面が無さそうなのでそれはお断りしました(苦笑)。

トレーニングメニューについては筋トレ本を購入し、特に足腰のトレーニングに重点を置くことにしました。やはり登山ではここがしっかりしていないと怪我の元です。スクワット的な運動にダンベルの重さを加えて負荷を与えます。

上半身も登山には必要なのですが、こちらはストックを使用することでサポートが可能です。なのでまずは下半身をといった感じです。一応上半身のメニューも取り入れ、腕と肩、腹、胸、背中といった全体を刺激するトレーニングも加えています。

ダンベルの重さはトレーニングメニューによって変えていますが、5kg~7kgといったところです。これ以上の重さでは駄目というわけではありませんが、まずはこれくらいの重さが楽々になるまで筋力アップを目指します。